おーちゃんの詳細情報

おーちゃん

女の子 0歳 ミックス

家族

その他の情報

ねことの出会い

がっちゃんと一緒にコンビニの前で捨て猫生活をしていたところ、優しい看護婦さんに拾ってもらい、紆余曲折を経て我が家にやってくる。多分、がっちゃんのお姉さんにあたる。というのも、我が家に来るまでは、がっちゃんを守るような態度をとっていたから。そんなおーちゃんが、我が家に来てまもなくひどい猫風邪をひいた。朝起きたら両目が開かないくらい腫れていて(チェリーアイ)、触ってわかるくらいの高熱。体重はまだ1kgもない頃だった。咄嗟に「死ぬかも」と思った。実際治りきるまで半月はかかった。お母さんのお乳を飲んでこなかったのかな、と思ったのはこの時。自分だってヨワヨワの子猫なのにがっちゃんを守って、気を張って生きて、緊張の糸が切れたんだろうか。まだ名前のないこの子に「おーちゃん」と名付けたのは「多くのものを得られるように」という意味も込めて。他の子に 風邪が流行らないように隔離した部屋で、1ヶ月過ごした。 …その結果、私にベッタリ甘々な猫に育ってしまった。今では私の膝は彼女のもの。

関連する投稿